秀峰によるブログ

精神世界の記事は別ブログで、ここは日常生活のブログです。

わざと知らない主義

私はよく「もの知り」だと言われるんだが、実は、興味のない分野については、わざと全然しらない風に努めている。

まず、野球。数日前の甲子園の決勝戦の日、対戦相手の高校名を、両方とも知らなかった。そればかりか、その日が甲子園の決勝だというのも、知らなかった。

プロ野球に至っては、現役選手の名前を、一人も言えない。「優勝」の意味が解ってないし、「優勝」の球団が、いつ、どのように決まるのかも解ってない。

次に、サッカーだ。これも、J-リーグのチームの名前をひとつも言えないし、所属選手の名前を一人も言えない。

極めつけはオリンピック。東京であっても、興味ない。非国民と呼ばれても仕方がないけど、誰がメダルを取ろうが、まったくどうでもいい。

このように、興味ない分野の事は、わざと情報を入れずに、なにも知らないことを目指して、ニュースなどのザッピングに気を付けている。

ただの偏屈者なのだが、こんなヤツもいるんだと、世の中の人の多様性を理解して欲しい。