秀峰によるブログ

精神世界の記事は別ブログで、ここは日常生活のブログです。

香港街燈 (2/2)

約25年前の香港旅行の思い出の、その2です。

 香港街燈のその1は、 (1/2) にあります。

 

香港には、ジャッキー・チェンが経営するお土産屋(主に日本人向け)がある。

 

そこに行ったとき、買い物は何もしなかったが、日本語をカタコトで話す店員さん(20歳前後の女子)2人と仲良くなり、その夜、食事に連れて行ってもらう話になった。

 

で、彼女たちの選んだ店は、韓国焼肉の店だった。しかも、彼女たちはビールも飲まずに、コーラにストローを刺して飲んでいた。「これが香港スタイルかー」と感動した。もちろん料理は旨かったし、なんと、支払いは彼女たちが行ってくれた。

 

そのあとカラオケに行った。カラオケは香港でも人気があり、北京語・広東語はもちろん、日本語もフランス語にも対応していた。彼女たちに当時の J-pops を披露すると、とても感激していた。

 

香港の夜は更け、お開きの時間になった。驚いたことに、彼女たちは私にプレゼントをくれたうえ、私の宿泊するホテルまで送ってくれた。

 

こんなウマい話があったのだ。彼女たちとは帰国後もしばらく文通していた。おそらく日本語を勉強して日本で働きたい、だから、日本人のトモダチを作りたかったんだと思う。

 

日本人向けお土産屋さんといえば、ボッタクリとかのイメージがあるが、店員さんたちも、ひとたび一市民に戻れば、こんなにフレンドリーで優しい人たちなんだと、改めて思った。(終了)