秀峰によるブログ

精神世界の記事は別ブログで、ここは日常生活のブログです。

香港街燈 (1/2)

32年前の今日、20歳の私は、中国の広州へ入るため、香港で待機していた。当時の中国は、外国人観光客にはツアー以外は原則ビザを出さず、入国しても居留できる町も限られていた。

そこで、約1か月かけて、シルクロードの街を自由旅行する計画の私は、入国の裏ワザとして、まず香港に入り、香港の学生に成りすまして、その修学旅行の一員として中国への入国を手配してもらったのだ。

本題の中国旅行はまたの機会にして・・・私は香港と言う都市がえらく気に入ってしまった。それで、香港を舞台にした古い恋愛映画「慕情」のロケ地めぐりと、敬愛する角松敏生さまの曲「香港街燈」の歌詞に出てくる場所めぐりのため、のちに2回、香港を訪ねることになる。

「慕情」のウイリアムホールデンジェニファー・ジョーンズ、それに角松敏生さま、みんなが歩いたであろう町並みは、ほとんど行っていると思う。

怖いもの知らずで、コレラ汚染地域に指定されているにも拘わらず、裏通りの路上で勝手に営業している露店の海鮮魚介類(生から調理する)を平気で食ったり、犯罪の温床として有名で、今はなき、九龍城に侵入したりしていた。

一方で、ペニンシュラ・ホテルでアフタヌーン・ティーを楽しんだり、高級飲茶を楽しんだり、ダンヒルのセカンドバッグを買って、おいそれはヤ◯ザが持つものだぞ、と後で指摘されたり、まあ普通の観光もやった。 (つづく)