秀峰によるブログ

精神世界の記事は別ブログで、ここは日常生活のブログです。

天災は悪か善か

大雨の被害が出ている。東日本大震災でも思ったのは、こんな悲惨なことを、神はなぜ起こることをお許しになったのか。神も仏もありやしない。つまり、人間に試練を与えるのが神の意思と言うんなら、そんな神は必要ない。

キリスト教徒は、それでも、大変な試練を、人間に与えることで、我々を神の国に入る度量を与えているのかと言うのか。それよりも、ライオンがシマウマを殺して喰うことが、悪か善かを判定して欲しい。

つまり、そういうことや、天災や、人災も含めて、誰も何の責任もなく、ただ起こることが起こったと、中性的に考える方が理にかなっていると思う。だから、それに対処する人間の知恵が向上するとも言える。