秀峰によるブログ

精神世界の記事は別ブログで、ここは日常生活のブログです。

瞑想の先には・・・

阿部敏郎さんが、やたらと瞑想を推奨するので、ちょっと嫌味なコメントをブログに書いてしまった。

阿部ちゃんを商売人と呼び、商品知識(瞑想など)に詳しいのは当然として、中には、瞑想の先に「悟り」「非二元の解放」があると信じてしまう人がいるのでは、という問いかけだ。

阿部ちゃんも、瞑想はそういった境地への「手段」ではないと、はっきり返してきた。さすがである。しかし、自ら手掛ける「商品」の宣伝をしてることには変わりない。

坐禅でも、「悟り」を目指して座ることを「待悟為則」と言って嫌う。ヨガの世界では、「解脱」を求めて瞑想をすることになってるが、それだと、60年とか、今世では足りずに来世までかかる、などと言われている。

マインドフル瞑想などが流行っているが、名だたる有名IT企業が取り入れたから有名になっただけであって、「町工場で、朝にラジオ体操をやったら生産性が上がった」というのと何ら変わりない。

そのためか、私は瞑想をしない。なにやら目的があってやる瞑想は、ちょっとイヤラシイというイメージがあるからだ。だったら、ヨガ体操をやる方がまだ実践的だと思う。

でも、坐禅はやる。坐禅をやる理由は、道元禅師が「とにかく坐れ」と言うのでやっている。目的も効果もないことは解っている。「とにかく」坐るのが動機と言えば動機だ。

だから、スティーブ・ジョブズが鈴木俊隆老師の元で参禅してたからと言って、坐禅や瞑想などを始めるとしたら、ミーハーすぎる。ビル・ゲイツだのマーク・ザッカーバーグあたりが瞑想したとしても、同じことだ。

私は要するに、昨今の、坐禅や瞑想の流行には、あまりいい印象を持ってないのである。それは、要するにミーハーなのだ。あとは何やら特定の目的の手段、という位置づけが、いやらしく思えるのだ。

 

だったら、動機も目的も